6/6-6/9 植物療法の講座を受講しました

怒涛の6月第一弾。

6月6日から9日まで『オステオパシーのための植物療法』という講座を受講しました。

細かい講座の内容は(敢えて)省きますが、4日間、講師でオステオパスである
Bobby Lafertty D.O.が、ネイティブアメリカンのご先祖様から受け継いだ智慧と、ボビー先生の経験、体験、研究から新たに加えたものとをとりまぜつつ、びっしり、とても丁寧に教えてくださいました。

座学もありますが、身体で自分が感じることを大切にする時間もあり、1つ1つ体に落とし込んで、さらに夜寝る前1人で感じなおしておりました。

(この辺りはバイオの講座と同じなのかも・・・)

34904595_10156499510268464_5869209660526952448_n

いろいろ混ぜて書いてはいけないと思いつつ、また書いてしまいますが・・・。

以前からの私感なのですが、「薬草」としてハーブを使うことで起こる変化と、バイオダイナミクスオステオパシーの施術で起こる変化は似ているところがあり、バイオの枠組みで「薬草」について考えると、(私にとってですが・・笑)とても面白いのです。

それぞれの植物は体に対して、それぞれ違う働きかけをしてくれます。植物はそのときそのとき「こうしてみる?」と「提案」をしてくれます。それを「偶然!」で片付けたくもないので、同じものを必要があるときに、何度も繰り返し試します。お茶で試したり、チンキ剤で試したり、ハーブウォーターを作ったり、香りをかいだり。結果、「ああ、このときはこれってことね・・・」と思えるまで、1年以上かかることもあります。

例えば、講座でも紹介された「フィーバーフュー」は、私の場合、お茶で飲んで、一般的に言われている変化が何もなかったので使うのをやめていました。今回の講座では、先生が「フィーバーフュー」をテーマに研究をされていたこともあり、使用方法についても細かくおうかがいして、もう1回チャレンジしてみることにしました。使い始めて3週間くらいですが、今のところ安定している感じです。

バイオの言葉を使わせていただくと、「リージョンにアプローチするのではなく、ヘルスと共にいて、ポーテンシーが施術している」感じ。まさにバイオ的な変化が起こります。

あ、順番が違うな・・。
「バイオ的」というか、それが「nature 」「自然」な動きなんだだろうな。以前からある「自然」という枠組みの中で、生存させていただくときに出てくる自然な動き・・という感じがします。

(お世話になっているIOIJのサイトに以下の文が掲げてあります)

Osteopathy existed before Dr. Still came to it, by suffused contemplation. You must reach into this source and move freely from it. There are no other authorities in this profession…none! There are no other teachers than the eternal nature of the cause of Osteopathy.

オステオパシーは、Dr. スティルがそこに来る以前から、満たされた状態の意図として、存在していました。あなたはこの源へたどり着く必要があり、そしてそこから自由に動ける必要があるのです。この職業にこれ以外の権威は存在しません・・・他に無いのです。オステオパシーの根拠である、その永遠なる自然(nature)以外に、他の教師は誰もいないのです。

そんなこんなでメディカルハーブの勉強を始めて、もう10年くらい経ってしまいました。まだまだ知らないことばかりで、たぶん死ぬまで勉強していそうです。これもバイオと一緒だなぁ。

獅子座の満月の日のセルフケア/静かに澄む/瞑想のその先のために

今夜は獅子座で皆既月食。獅子座には心臓、心筋、冠状動脈が割り振られているのですが、今夜は「月食」。スペシャルなので、ちょっとオタトークにしようかと思います。

獅子座の精油:クローブと月の精油:レモンで芳香浴をしながら瞑想でも。
月と一緒に澄み切った空気の中に消えてしまいましょう。

いわゆる「瞑想」のとき、上手い人やある種のコツを掴んている人は、頭の中でいろいろな体験をしています。

力が抜けて「ぼーっ」とした感じをすることが多いと思いますし、寝ているのか起きているのか、よくわからない状態になっていることもあります。真っ暗なところに飛び込む感じもしたり、そこで何かビジョンのようなものを見たり、音、声が聴こえたりする人もいるようです。それを否定はしませんが、その先がもうちょっと大切。

この後、「自分」の存在が感じられず、ニュートラルで、澄んで静かになります。とても受動的な状態で、周りにあるものが全部自分を通過していく感じがします。
この感覚を一度覚えてしまえば、「ぼーっ」の状態に立ち寄る必要はなく、最初から澄んで静かなところに入っていけます。

レモンのトーンの高さとクローブの絞まったスパイシーな香りがそれを手助けします。特にクローブは前述した「ぼーっ」とした状態のところに、まっすぐな道を作ってくれます。澄んで静かな状態、クリアな状態に連れて行ってくれますし、ハートが温まります。

クローブ(丁子)はどこかのお寺の「塗香」にも入っていそうですし・・・。理由はとてもよくわかります。

レモンの香りが自己主張しすぎる・・と感じるときは、プチグレンでも良いかも。同じく獅子座の精油、自律神経系を整える香りです。

毎回書いている身体全体をリセットする方法ですが、これは今回書いている「静かに澄んだ状態」になる前の段階、練習です。

「澄んだ状態」になることは、必要な人と必要でない人がいるのですが、「身体全体をリセットする」のは、現代社会を生きる人たちには、ほぼ全員に必要なスキルといっても言い過ぎではないと思います。

上手くリセットできると、足元からお尻周り、腰回り、首、頭までぽかぽか温まり、1つに繋がった感じもしてきますし、自分の体の重さが無くなって、自分が消えたように感じたり、身体が空中に浮いたように感じることもあります。

気持ちよくなったらそのまま寝てしまって構いません。たぶん起きたら頭も体もすっきりした感じがしているはず。

☆天体・サインと精油の対照表は登石麻恭子先生が作成されたものを使用させていただいています。

クローブの画像はまたwikipediaさんからお借りしました。ありがとうございます。クローブの花、まだ本物を見たことがありません。

山羊座の新月の日のセルフケア【膝】

すっかり冬本番です。いかがお過ごしですか。

私は昨日までの寒さで、体がすっかり「ガチガチ」になってしまっていました。
頭や手指、足指、首筋が冷たくなって、「キーン」とする感じです。
冷えると関節の痛みが気になる方も多いと思います。

こういうときはやっぱり、クラリセージ(月)とジンジャー(山羊座)の精油を
使いたいところ。ブレンドしてトリートメントオイルを作って、これで膝の周囲を優しくなでさすります。

膝の曲げ伸ばしをするときに、なんとなく膝がカタカタとぎこちない動きをするときは、膝頭のすぐ上の辺りの皮膚や脂肪が少したまっているところに指をひっかけて、もう少し肉肉しいもの(筋肉)を指先で感じたら、指にひっかかった塊を、ふとももに沿うように引き上げると、少し膝がすっきりする感じがします。

クラリセージは血液循環を促し身体がポカポカと温まる精油です。寒い冬にこれを使わない手はない。トリートメントをすると、ぐっすり眠ってしまわれる方がほとんどです。

ジンジャーは体の表面を温めて、発汗を促す精油です。冬特有の「肌は乾燥し、汗はかかず身体が冷えている。なんとなく水分が体にこもっている感じ」のときにぴったり。筋肉や関節の違和感を和らげます。
冬独特のこの身体の感じは「山羊座(土星)」そのものを表している感じもします。

もちろん、このクラリセージとジンジャーのブレンドは、膝だけでなく、肘や肩、腰にもお使いいただいて大丈夫。身体の内側も表面も温かくなります。

山羊座というともう1つ、ベチバーもご紹介したいところ。ベチバーも関節の違和感を和らげるのに良いと言われています。心が少し浮ついているときにグラウンディングするのにもいい精油です。

「体がぽかぽかしてきたな」と思ったら、前も書きましたが、身体全体をリセットします。

上手くリセットできると、足元からお尻周り、腰回り、首、頭までぽかぽか温まり、1つに繋がった感じもしてきますし、自分の体の重さが無くなって、自分が消えたように感じたり、身体が空中に浮いたように感じることもあります。

気持ちよくなったらそのまま寝てしまって構いません。たぶん起きたら頭も体もすっきりした感じがしていると思います。

☆天体・サインと精油の対照表は登石麻恭子先生が作成されたものを使用させていただいています。

☆「クラリセージ」の画像:またまたウィキペディアからお借りしました。
「クラリセージ」と「セージ」今年は自分で育ててみたいなと思っているのですが、手が回るかなぁ?!

蟹座の満月の日のセルフケア【体液】

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦のスーパームーン、ご覧になりましたか?「言葉で形容できない神々しさ」でした。美しかったな。

今日の満月も、ただ「光っている」というよりは、球がゆらゆら輝く液に覆われていて、光る液がしたたり落ちてきそうなくらいに満ち満ちた感じ。

私は乱視が入っている近視なので、ゆらゆら揺れるのはそのせいかもしれません。笑。

さてさて、蟹座の満月です。蟹座には「体液全般(血液、リンパ液・・その他体の中にある液体もろもろ)」「横隔膜」「胸部」など、体オタクの人たちにとって、つっこみどころ満載の部分が割り当てられているのですが、今日は「体液」にしようかと思います。

私も1~2か月ほど、あまり体を動かしていなくて脚もふくめて体全体がむくみ気味。年末年始、長時間の移動が多かったり、暴飲暴食されたりして、なんとなく体がぽちゃぽちゃされている方も多いと思います。

1.ジャスミン(蟹座&月)とレモン(月)の精油をブレンドして、脚をオイルトリートメントしてみる。

今回は精油の薬理作用は目的としていなくて、ジャスミンの香りによる高揚感と月の美しさに自分を同期させたいという・・乙女心です。

年末年始の季節柄、ハイテンションになっているときも、うつうつとしているときも、ジャスミンがちょうどいいテンションにしてくれますよ。

2.時間が取れそうだったら、ウォーキングします。座りっぱなしでの脚のむくみは、ふくらはぎの筋肉でポンプアップして、上にあげるのが一番早いように思います。トリートメントでも一時的には良くなりますが、放っておくと元に戻ります。良い状態をキープしようと思ったら、やはり脚を動かすことが一番かな。

「サウナ」で汗をかくという手もありますが、私は、汗なのか水蒸気なのかよくわからず、ついつい長時間サウナルームに居てしまって、体調が悪くなることが多いです(オバカです)。そんなこともあって、自律神経系が敏感な方は、身体を動かしてわかりやすい方法で汗をかく方がいいのではないかな・・と思っています。

ウォーキングして、脚をオイルトリートメントして、「すっきりしたな」と思ったら、前も書きましたが、身体全体をリセットします。

↑このリセットも、身体の中の一部分に偏った液体を均等にしていく意味があったり、血の巡りが激しいところと、緩いところの差を少なくする意味もあったりします。その結果、とても頭の中も、心もとても静かになって、瞑想しているような気分になることもあります。

上手くリセットできると、足元からお尻周り、腰回り、首、頭までぽかぽか温まり、1つに繋がった感じもしてきますし、自分の体の重さが無くなって、自分が消えたように感じたり、身体が空中に浮いたように感じることもあります。

気持ちよくなったらそのまま寝てしまって構いません。

☆天体・サインと精油の対照表は登石麻恭子先生が作成されたものを使用させていただいています。

☆「アラビアジャスミン」の画像はwikipedia からお借りしました。
ハゴロモジャスミンは家で育てているのですが、アラビアジャスミンの苗は花屋さんではなかなか見つけらません。通販のお世話になるしかないかなぁと思いつつ、お世話ができる植物の数も限られるので、ちょっと購入は控えています。

ジャスミンの香り、私は精油より生花のほうが好きです。生花の方が清楚で優雅、穏やかな感じがします。

双子座の満月の日のセルフケア【神経系・呼吸器】

またあっというまに2週間。早いですね。

双子座の満月の日です。

双子座には、人間の体の神経系全般と、肺、気管支が割り当てられています。

「双子座」というと、情報を求めてあちこちに飛び回る印象があります。体のあちこちに張り巡らされた「神経系」が割り当てられているのはそういうところからなのかも。

「双子」→対になる2つということで、人間の体に2つあるもの「手」「腕」「肩」だとか、「肺」「気管支」も。

ちなみに・・・体の下の方の腎臓や卵巣は天秤座です。

個人的に、先週トレーニングでバタバタしていたり、今後重点を置く必要があることの1つが「呼吸→瞑想」や「自分の自律神経系が落ち着いて上手く機能してくれるように生活すること」だったので、今回はそれに役立ちそうなハーブと精油を選びました。

1.レモングラス(双子座)のお茶

2.レモンバーム(月)のティンクチャー

3.↑どちらも精油で芳香浴するのもよし。

レモングラスもレモンバームも、ヘロヘロ、グダーっという疲れのときも、ピリピリに張りつめているときも、使うとちょうどよい感じに戻してくれます。

レモングラスは「ヘロヘロ」のときに、体の芯をしっかり補強してくれるような感じがします。

レモンバームは、「ピリピリ」して、頭がギュっと萎んでしまうようなとき、もう1回頭を膨らましてくれるような感じがします。

私感ですが、「瞑想」する前段階、身心をニュートラルな状態に戻すのには、この2つがいいです。

たいていの人は、ニュートラルに戻せれば、瞑想をするのにそんなに苦労はないのですが、ニュートラルに戻すのに少し時間や慣れが必要。

そんなときの一助になるかな。

Melissa-officinalis-1

香りを充分に感じて、頭をニュートラルに戻した後は・・・。

前も書きましたが、身体全体をリセット。

上手くリセットできると、足元からお尻周り、腰回り、首、頭までぽかぽか温まり、1つに繋がった感じがしてきます。それが元気になってきた証拠です。

気持ちよくなったらそのまま寝ましょう!

☆天体・サインと精油の対照表は登石麻恭子先生が作成されたものを使用させていただいています。

レモングラスの画像はWikipediaからお借りしました。