gardening

「運命の人」はいるんだろうか?

先日、学生時代の女子友の結婚式の帰り道、同じく男子友から、

「運命の人っているんだろうか?」

「赤い人が繋がっている人っているんだろうか?」

と聞かれました。

(男子でも、こんな年齢になっても、そう思う時があるのか~?!)

(いや、「男子」ではなくて、「男性」→「おじさん」なんだけど・・・)

 

「うーん。『運命の人』はいる。けれど、ほとんどの人は『運命の人』と勘違いして『修行相手』を選んでるんじゃないかと思う。でもまぁ、『修行』の運命共同体の仲間としては『運命の人』と言えるとは思うけど」

という返事をしつつ・・・。

いろいろ話すとお説教臭くなるので、これ以上は話さないで帰ってきました。

—————–

今日は、その続きの話。

ふっと降って来た言葉があったので、残しておこうと思います。

いろいろな修行をして、ある程度自分が磨けたときに会えた人は

『運命の人』

自分自身に素直になったときに出会えた人は

『運命の人』。

—————–

10代~40代にかけて、勉強、仕事、恋愛、その他いろいろな体験をしてきて、自分の中のイヤなところも見つめて、いろーんなことを考えて、またまた体験して、やっとこさ会えた人は『運命の人』。

でも、自分自身を何も見つめなくて、起きてくるたくさんのことを、周囲や相手のせいにばかりして、なんとなく恋愛を繰り返している人は、やっぱりただの

『修行』
の繰り返し。

それに気がつかないと、この世にいる時間もずーっと、身体がこの世のものでなくなっても、次の世でも、ずーっと同じことを繰り返すのだろうな。

「結果論だろ~」

という意見の友人もいたのだけれど、

そういうキミこそ、『運命の人』をきちんと選んでいると思うのよね~。

自分自身に素直でいるときに出会えている人は、『運命の人』なのよ。

Published by

backyard

メディカルハーブ、アロマセラピー、ボディワークをベースに、体を健やかに保つ方法を考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です