彩雲を見ました

先日の夕方、久しぶりに彩雲を見ました。

うっすらとしているのですが、画面中央に虹色の雲があります。

24949659291_50d075c583_z

 

 

 

 

 

その日は朝から阿字観教室に行っていました。

お昼に終わって、地元に戻って来たときに西の空に見えました。

「阿字観」

「西の空」

瑞雲に乗って、阿弥陀様が西方浄土から来られたのか?と思ってしまうようなタイミングです。
西方浄土は「西」ではないそうなのですが。

2011_04-2

 

 

 

 

http://www.reihokan.or.jp/tenrankai/list_tokubetsu/2011_04.html

画像は高野山霊宝館のサイトよりお借りしました。

私が彩雲を見るときは、大体、ちょっと湿気が多そう(雨が降りそう)な日で、でも晴れている日。一定の気象条件がそろえば発生するものだとは思うのですが、あまりにもグッドタイミングだったので、

「何かいいことがあるかも」

と期待してしまいます。

 

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします

元旦の朝は筑波山でご来光を見ました

ここ数年の恒例行事となっています。

・・・・とはいえ、1人で行きますので「行事」という感じでもなく、「お天気がよさそうだったら行くか~」という程度なのですが。

子供の頃に比べると、1年の区切りをつけづらくなってきているような気がします。ですので、こんな風に敢えて自分で行事を作って設定しておくのもいいかな~と思っています。

ダウンコートを2重に着て、カイロも3、4個貼って・・・とかなりの重装備で出かけるのですが、日の出の前は体が芯から冷えます。

月、金星、木星や東の空の星座がよく見える時間から座って待っています。流れ星も見えますし、ちょっとした天体ショーです。

IMGP4179blog IMGP4173blog

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ周囲が明るくなってくるのですが、その様子を見ているのがいいのですよね。それを表現するのにいい感じの言葉が思い浮かびません。

IMGP4183blog

 

毎年思いますが、ご来光を見るたびに太陽の光を神格化する意味を体感している感じです。

 

 

 

DSCN2536blog DSCN2534blog

 

 

 

 

 

富士山も見えました

DSCN2538blog

毎年多少は問題もありますが・・・今年も幸せが満ち溢れた年になりますよう。

 

何かのご縁でこのブログを見てくださった方も、素敵な年になりますようお祈りしております。

 

男女川の水源の水/ 腸脛靭帯炎

筑波山に登ってきました。
晩秋~冬~春に登ることが多く、7月~9月には暑いのであまり登っていませんでした。
 秋冬は登りやすいのですが、水場の水が枯れてしまいます。
 
筑波山のお水でハーブウォーターを採りたいなぁとずっと思っていて、今回やっと、水場で水を見ました!

触るとひんやりと冷たく、山登りで熱くなった体を冷やしてくれます。
口に含むと、とてもまろやかで甘い感じ。軟水です。

隣には役行窟。ここは守られているところです。

IMGP4059sIMGP4058s

 

 

 

 

 

 

IMGP4065s

 

 

 

 

 

 

水場から下に流れ落ちていく水の音が良くて、しばらく聴いていました。
いろいろな思いの塊を溶かして、流してくれる感じ。

水は登山のときに持ち歩いている1Lのポリタンクに入れました。
そして一緒に音も録ってきました。
動画が重すぎてなかなかアップできず・・・。解像度を下げました。ちょっと残念なのだけど。

 
Loading the player…
 
 
 
この男女川は百人一首の
『つくばねの みねよりおつる みなのがわ こいぞつもりて ふちとなりぬる』
陽成天皇
の「みなのがわ」です。
この歌はロマンチックでもありますが、正直なところ、「淵になるほど深くよどむのもなんとなくこわい・・」という感じもします。

この川のお水でお酒の醸造もされていますので、ハーブウォーターも採ってみたい!

このお水のハーブウォーターの話はまた次回します。

——————————–

今回筑波山に登ったのは、先月、奥穂高に登ったときに腸脛靭帯炎になり、それがまた起こるかどうか少し試してみたかったからです。
今回も、やはり下山のとき、後ろに行った脚を前に戻そうとするときに、大腿筋膜張筋~腸脛靭帯の辺りが痛くなりました。

下山時は30分に1回くらい休憩して、こわばった感じになっていたITバンドに違う動きを加えてみたところ、下山後~翌日は痛みはありませんでした。

筑波山は登りのコースタイムが90分くらいです。休憩なしで登っていたこともあったのですが、これからは少し難しそうです。40~50分おきに5~10分くらい休憩を取って、筋肉のケアをしながら登らなくてはいけなさそう。用心して登れば、下りで少し脚をもたすことができるかもしれません。

もちろん・・筋トレも引き続き必要なのと脚の動かし方も課題です。

様子を見て、来月また登ろうと思います。

『うすはり』のタンブラー

いつも利用させていただいているレンタルルームのお隣に、ガラス食器の老舗『松徳硝子』さんの工場があります。

usuhariglass1

松徳硝子さんといえば、めちゃくちゃ薄くて軽いガラスの酒器が有名ですよね。

年に数回、ガレージセールがあるそうです。先日行った日がたまたまその日に当たっていて、早速物色・・・。

Continue reading 『うすはり』のタンブラー