日記

フォーカシングとかんしゃく持ちな私

こんにちは。

台風の季節になってきました。夏ですね~。

被害が広がりませんように。

フォーカシングのこと

今日はフォーカシングのことを書いてみようかと思います。

私はフォーカシング大好きで実践者だとは思うのですが、トレーナーではありません。

ですので、自分の心や体の変化のことを書きます。

フォーカシングの仕方などは本がたくさんでていますので、そちらを参考にしてください。

https://focusing.jp/

▲日本フォーカシング協会のサイト

・・・といいつつも、実のところ、最近、ブログなどを書くために言葉を出すことができなくなってきています。なので、うまく伝えられるかはわかりません。

決して病気などでは ないのですが・・・。 

静かな状態

今月初めの週にヨガに行って、その数日後にフォーカシングのお仲間と勉強会をして、すっかり静かになってしまいました。ずいぶん長い期間静かなままで、結構いい感じです。

普段から瞑想やヨガなどを実践されていて、自分のマインド、心や体の様子を深く見つめる習慣がある方にはわかっていただける、「静かな」状態になっています。

マインドフルネス・・・というのでしょうか。上手く継続して見つめていけるようになると、自分の感情やマインドの確認のため、改めてそれを言葉にしたり、人に話したり、ブログに書いたり、何かを外に向けてアピールしようと思わなくなります。とても静かな感じです。言葉にして誰かに伝えようとするより、この感じをじっくり味わうことに時間を取りたい・・・という感じです。

img053

そうそう。フォーカシングの話でした・・・。

フォーカシングは、体で感じている微細な感覚に・・・「フォーカス」して、観察していきます。

瞑想や、トランス/変性意識状態になるほど深く潜りません

セルフヘルプの技術なので、その気になれば、昼休みに、同僚が少なくなったオフィスの中でも、電車の中でも1人でできますが、慣れないうちは、「リスナー」と呼ばれる聴き手や、「ガイド」と呼ばれる人がいる方がいいかもしれません。

日常生活を穏やかに過ごすには充分です。

何かにつけてフォーカシングをしていると、最初に書いたような「静かな感じ」に長く居られるようになります。そうすると、自分自身や周囲で起こっていることがスローモーションに見えてきます。

誰かの行動に対して決めつけをしたり、「売り言葉に買い言葉」をしたり、反射的に感情を出す前に、「どうしてこの人はこんなことを言うのだろう?何が原因なんだろう」「相手と自分の意見の違いはどこなの?」と、少し「?」をはさむ余裕、バッファができます。

相手の反応を見ながら、自分の反応もモニターしています

相手の反応を見ながら自分の反応をモニターしていると、その場で「本当に相手に伝えたい言葉」も自然に出てきます。

感情にまかせて話すことや、「あのときはそう言うつもりはなかったのに、つい言葉が出てきてしまった・・・・。本当はこのことを言いたかったのに~」ということも少なくなります。

感情を出すことをがまんしているわけではありません。

強い口調や乱暴な言葉を使わなくても、自分の感情を伝えるために一番適当な言葉を選ぶことができる余裕ができてきます。

そして、その「適当な言葉」で十分に状況が変わることもわかります。

静かすぎて、返って相手にこちらが意図していることがわかってもらえないこともあるのですが、そういうときはわざと感情的になっているふりをして話すこともあります。 

練習すれば自分の感情とうまくつきあえるようになる

子供の頃、私はかんしゃく持ちでした。思春期にはPMSもプラスされ、よくイライラ、一喜一憂していました。

子供のころから、

「どうしたらこういう感情とうまくつきあえるのか」

ということをずっと考えて、方法を探していました。

私に合っていた方法は、フォーカシングと内観法でした。

いかんせん子供~学生時代だったため、特別な研修所に行くおこづかいの余裕はなく、本で読んだ我流でしたが。

今はフォーカシングを教えてくださる先生方、仲間のみなさんを通して、心についていろいろなことを知ることができているので、魂が喜んでいる感じがしています。

おかげさまでずいぶん楽に過ごせています。

感謝。 (もちろん、今も怒るときは怒ります)

rose_1

 

 

静かな感じでいられるとPMSも軽く感じる

生理前の数日間、自宅でもヨガスタジオでもシャバアーサナだとか瞑想をして、「静かな感じ」でいられると、PMSのイライラや頭痛もずいぶん軽くなります。

「イライラ」のためだけに瞑想をするなら、そのままお昼寝に突入してしまった・・くらいがちょうどいい感じです。

感情の変化と自律神経系やホルモンバランスは(全てとは言いたくないですが)、関係しているのだろうなぁと思います。生理前数日だけでも、家で瞑想をする時間を取ると、当日、体も心もとても楽です。

自律神経系の調整は、ある程度は自分でできます。

だからこそ、「体調がひどくなる前に自分の体の変化に気がつく」こと、日ごろから「自分のことをモニターする」ことが大切だと心から思います。

この話は、そのうちまた詳しく書きたいです。

月下美人の花が咲いた

月下美人の花が咲きました

今年で4輪目。
 (もう1輪咲いているのですが、画面からはみ出ています・・)

IMGP2826

先月2輪咲き、今年はこれで最後だろうと思って放置していたら、いつのまにかまた蕾がついていたようです。

なんでだか、父が家の裏の方においていた植木鉢を見にいったところ、花が咲きそうになっていたのを見つけたそうです・・・。

母曰く、

「呼ばれたんじゃない?」

(やっぱり見られてないと呼ぶんだろうか?)

一番世話をしているのが父なので、そんなこともありそうです。

あと2輪咲く予定です。

以前は開花する日は家の中にいれて見ていたのですが、花の香りがとても強くて香りがこもるので、最近は庭にずっと出しています。

暗いところで、少し蒸し暑い感じの場所で咲いているほうが、白い花の妖艶さが映える感じがします。

ハーツイーズの種がやっと採れた・・・

前にアップしたハーツイーズのその後です。

お天気だとか、仕事が休みの日だとかでどうしてもタイミングが合わず、ハーツイーズの種をなかなか採ることができなかったのですが、やっと少しだけ週末に採れました。

これで来年も育てられそう。
もう少し採れないかな~。

これまで採れなかった種は、どこかにこぼれちゃってるのだろうなぁ・・・。植木鉢はそのまま置いておこうと思います。

IMGP2807

(入れ物がなくて)イソジンのうがい用の小さなコップの中に入れていたら、時間が経つにつれて種が少しずつはぜて、カロコロとかわいい音がしています。

IMGP2802

当たり前のことなのですが、こうやって、次の年もまた次の年も、そのまた次の年もずーっと命はつながっていくのだ・・・と、種を見るとあらためて感じます。

今年もチェストツリーの花芽がつきました。

今年もチェストツリーの花芽がつきました。

IMGP2777

花と葉の涼しげな色が好きです。

冬の間は葉が全部落ちてのっぺらぼうになるのですが、
春になり葉が付くと、この涼やかな感じが良くて、植木鉢が玄関前に移動してきます。
季節毎シンボルツリー。
(分けていただいたツィ友さんに感謝)

樹勢が強くて、昨年は植木鉢の底から根がはみ出て、鉢が動かなくなってしまいました。

これは昨年採ったものです。

IMGP1990

季節は繰り返します。

淡々と。

花が咲いたら、またアップします。

読書療法と林望先生の講演会のこと

5月の中頃に、

「日本読書療法学会」主催、学会設立3周年記念の林望先生の講演

を拝聴しました。

演題「報われなさを生き抜くために」

日本読書療法学会会長 寺田真理子さんのブログ

「リンボウ先生」もお若いときは、自分の努力が周囲の方に認められず、挫折感を何度も持たれたことがあったそうです。そのときにどんな態度、気持ちでいつも臨まれていたかというお話しでした。

コツコツ努力する人より「騒ぐ人、目立つ人、派手な人」が話題をさらっていく昨今、リンボウ先生の含蓄のあるお話をうかがって、私も少し力が沸いてきました。

私が感想を書き始めると、またブログが長くなりますので・・・内容については上記の寺田真理子さんのブログをごらんください。

リンボウ先生の「挫折感」のお話については、下の本でもちらりと触れられています。


読書療法のこと

ところでみなさん・・・

『読書療法』

という言葉をお聞きになったことはありましたか?

病院でお薬ではなく、「その人の症状に合った『本』を処方して、読んでもらうことで症状の改善をはかる」という療法で、海外では行われていることのようです。

イギリスの心の病気をサポートする機関では、行動療法の一部としてそれに関する本を勧めて、病気で機関を訪れる人に読んでいただいているそうです。

心の病気以外にも以前から、「腰痛や頭痛が心理的な問題からきていて、その問題を修正しようとすることで痛みも軽減する」という話は、日本でも何度も取り上げられています。一定の成果も出ているようです。

『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』

 

はご存知の方は多いと思います。読むことで腰痛の原因になることへの「気づき」があり、腰痛が軽減した方も多いとのこと。

しつこい頭痛肩こり持ちでしたので、私もよく読みました!

少し話が逸れますが、知人のセラピストさんに聞いた話では、腰痛で病院に行って、「ヘルニアだ」と言われたというクライアントさんが、以前よりずいぶん減っているとのこと。この本が翻訳されてから、腰痛ならなんでも「ヘルニア」で片付けられることが少なくなったのかもしれないと思いました。

おまけ/また長くなったので・・・・よろしければお読みください

私が読書療法に関心を持った大きな理由

2つあります。

  • 転校生活が長かった子供の頃、「本」のおかげで精神的に助けられたことが何度もあったこと
  • 大学を卒業してから最初にした仕事が「書店人」だったこと

(7年ほど働いていました)

私は子供のころ何度も転校したのですが、安心安全な場を得て、その場で周囲の人としっかりとした関係性を築くことが難しいと感じたことがたくさんありました。

長期間同じ場所に住んでいないと、学校の先生との関係づくりも難しかったり、気持ちをシェアできる子にもなかなか会えなかったりします。

そういうとき、「本」は傍にいてくれる先生でもあり友達でした。本がなければ、もっと体も心もバランスを崩していたと思います。

中途半端な哲学を語る人の話を聞くより、何十年間、何百年間、何千年間と、たくさんの人に読み継がれて今に残っている、本に書かれている内容の方はよほど説得力があり、自分の力になることもあります。

1つ1つの言葉に対して、じっくり取り組むこともできます。

本の中で、自分と似たような子に出会うと味方を得たような気がしましたし、自分が今いる場所とまったく違う、世界の広がりも、活字や本で感じました。

今でも本や書店が大好きです。

 

自分が助けられたときのように、何かのときに支えになる本をご紹介できるといいなぁと思ったことと、読書療法について詳しく勉強できればよいなと、学会に登録いたしました。

読書療法学会の会費などは無料で、資格や身分の制限などはないようです 。

このブログでも、植物療法のご紹介と一緒に、本のご紹介ができるといいなぁと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。