次の時代へ

IMGP2224

・・・・と突然、大きなタイトルだけど。書きたくなった。

自分が自分らしく、在りたいように在ればいいのだけれど、ただそれがエゴだとか、
「自分がハッピーだったらそれでいいや」「まず、自分が幸せに!ばんざーい!」
みたいな気持ちだけにつながっているのは、
なんとなく時の流れにそぐわないような気がしている。

自分がまず変わるのは大切。
でも、変わったことで感じる「Happiness」は、外へ、
自分以外の誰かへ伝わっていくことを願う必要があると思う。

自分が変わったことが、少しずつ周りの変化につながっていけばいい。
「どうやって変化をしていくか」を、他人に教えることもないんじゃないかと思う。
気がついた人は、教えられなくても気がついたときに勝手に変わっていく。

心だとか精神的なことを、学校みたいな場所で「先生」と呼ばれる人たちから、
「教えてもらわないと変われない」「教えられて変わった」というのは、なんとなく怪しい感じ。

教えてもらった人からの、マインドコントロールが少なからず入っていると思うし、本当の意味で変わっていないんじゃないかなぁ。
教えてもらった直後の「高揚感」や、その場から離れてしばらくしたときの「がっくり感」もあると思う。

自分の軸も他の人の軸も両方を大切にできると、毎日をすごく穏やかに過ごせるし、極端な自己主張する必要もなくなる。
でも、自分の軸はしっかりしている。

しっかりしているから、ぎゃぁぎゃぁ騒いでわざわざ自己主張をしなくても、自分が自分でいられるんだと思う。

アクエリアスの時代って、そんな自立した人たちのつながりではないかなぁ。

バラのフローラルウォーター作り

IMGP2298s

 

久しぶりにゆっくり時間ができたので、フローラルウォーターを作ることにしました。

失敗してしまった!

毎回何か失敗があるのですが、今回もまた、ボトルの中で沸騰していた浸出液(お湯)がスワンネックを通って、下まで出てきてしまいました。きっと、中に入れていた、ガーゼで包んだローズが沸騰したお湯と一緒に上に上がりすぎたせいだと思うのですが。

加熱しすぎたのですね。

IMGP2302s IMGP2304s

浸出液が出なくなってから、蒸留水を取り直しました。
冷蔵庫に少し置いておいてから使う予定です。

冷却層の水の温度など、ちょこちょこと記録を取りながらしています。そのうちベストな温度や時間が見つかりますように。

浸出液の色がきれいだった!

ボトルの中の浸出液の色はとてもきれいな赤でした。捨てるのは惜しい。
クリームを作って、手足浴にも使うつもりです。

使えるものはなるべく全部使いたい。

ミヤマシキミ

IMGP2234 by backyard_photos
IMGP2234, a photo by backyard_photos on Flickr.

@筑波山

かわいらしい赤い実ですが有毒だそう。

かわいいものには毒がある。
かわいい&やさしいだけでなく、
今年は(も)毒がある女を目指そう!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%9F%E5%B1%9E
▲ミヤマシキミ属 by wikipedia
ありがとう!wikipedia

あけましておめでとうございます@筑波山

IMGP2163 by backyard_photos
IMGP2163, a photo by backyard_photos on Flickr.

あけましておめでとうございます。
お正月、筑波山に登ってきました。
900mに満たない低山ですが、まっ平らな関東平野ではちょっとした凸で、関東地方の高い山々や太平洋が一望できます。
気分転換のときに気軽に登るのにちょうど良い山です。

北側の斜面で、長く育った霜柱を見つけました。10cmほどでしょうか。
土の中の水分だけが、凍ってできた柱。きれいなもの、必要なものだけが取り出された柱。

「自分もこう在りたいな」
しばらくじーっと眺めていました。

コーヒーが悪いのではなく、飲みすぎる自分が悪いのだ。

『コーヒーは体に良いのか悪いのか?』

1年に何回かはこういう類の記事をWEBや雑誌で目にして、そのたびにいろいろ調べますが、最近は、

「自分の体にちょうどよい量を飲めばいいし、飲みたいときは飲めばいい。飲みたくないときは別のもの」

で落ち着いています。

通りすがりのコーヒーショップで、豆を焙煎している香りが漂ってくるのは大好きですし、

”I love coffee ! ”

コーヒーが悪いのではなくて、飲みすぎる自分が悪いのだと思っています。

成分や効能、作用のことなどは、詳しく調査されている専門の方々におまかせするとして、感じない人、気がつかない人も多いようなので、私のコーヒー体験を書きます。

私はデスクワークの会社員です。
「午後、会社で起きていられないかも」と、数年ほど前はコーヒーを1日にマグカップ4、5杯飲んでいました。そして夕方になると、なんともいえないほど、胸がムカムカしていました。

気持ち悪くなっているにもかかわらず「(椅子に座って)起きているため」と中毒のように毎日飲んでいました。

数年前、

「気持ち悪いのになんで飲んでいるんだろう」

とふと思い、数ヶ月ほどコーヒーをやめました。

 

結果は良好。

 

「飲まないと頭がクリアにならない」と思い込んでいたのですが、飲まなくてもクリアでした。笑。

「こんなにたくさん飲む必要はないのだなぁ」と頭がやっと納得した感じでした。

体はずっと前から「気持ち悪いんだよね」と訴えていたんですよね。

カラダよゴメン。

やめた後2日目までは頭痛がしていましたが、カフェインが抜けたのでしょうか。3日目からは気分良くすごせました。

ここで、

「すっぱりやめました!」

と言えると、ロハス風で格好いいのかもしれませんが。

今は、1日にドリップコーヒーをマグカップ1.5杯くらい飲んでいます。
朝食時1杯、会社で午前と午後で合わせて0.5杯くらいです。

どうやら低血圧らしく、朝コーヒーを飲まないで出勤し、そのまま椅子に座って仕事をしていると血圧が上がらないようで、どうしてもぼーっとしてしまうのです。

休日、自宅にいるときは、朝は飲みません。
家事などで朝から体を動かす必要もあり、動いていると血圧は自然に上がるようで、ぼーっとすることはありません。

カフェインのような強い物質が体に入っていない状態のとき、自分が自分の体をどんな風に感じるのか?
飲むのをやめてみないとわからなかったです。

コーヒーもお茶もハーブティも、なんでも飲みすぎはいかんなぁ思います。中庸が大事。

実は趣味が高じて緑茶、中国茶、ハーブティもよく飲みすぎるのですが・・・・。その体験も書こうかな。