クリシュナムルティのこと/真理は自分で探すもの

友人知人から、カタカナの言葉で、人名だとか手技療法の名前についての質問を受けることが多いです。

「最近よく聞くけど、◎◎って何~?」「インターネットでちょっと調べてみたけどわからないので聞きたいんだけど・・・」「ブログとかフェイスブックページとかで簡単に説明する文を書いて~」
等々・・・。

少しずつ、知っている限りになってしまいますが、書いてみようかと思います。

そんなわけで、クリシュナムルティのことを書こうかな。

—————————————
著作を全部読んでいるわけではないですが、J・クリシュナムルティの著作、講義録が精神的な支えになっています。

比較的わかりやすく、特徴的なのは「瞑想」についてかな・・と思っています。

クリシュナムルティは生活スタイルなどにルールを作ることは無く、「上と繋がる(笑)」方法については語っていません。

グループを作ったり、マントラを唱えたりする必要はないし、何かを崇拝する必要もない。一般的に言われる「瞑想」とクリシュナムルティが言う『瞑想』は少し違います。

クリシュナムルティ自身が「崇拝」の対象になるのを嫌って、自分の宗教団体を解散していますし、自身の本すらも読むな・・というような表現のことも書き残しています。

そこがクリシュナムルティの論じていることをわかりづらくしているのかなぁ、わかりづらいから人気がないんだろうなぁと思っています。

「真理」は論じられているけれど、「どうしたらそこに行けるのか?」そこに行き着くための細かいタスクが全く設定されていないのです。

「Truth is  a pathless land. (真理はそこに通ずるいかなる道も持たない領域である )」

なんて言っているだけあって、「自分で探して進め」ということなのだろうなと思います。

大方の人にとっては、「最初にこれをやる。2番目にこれをやる。3番目にこれをやる。・・・・そうすると、何か気づきがある」というような『手順、マニュアル、タスク』がある方が、わかりやすいですし、選べと言われると、そういう風なわかりやすい方法を選ぶと思います。

でも、与えられたタスクをこなすことが目的になり、それを達成することで満足してしまう人が多いからかもしれません。マントラを唱えたり、何か1点に集中する一般的な「瞑想」で忘我の境地になること・・・タスクをこなしてもこれでは「真理」にはたどりつけないでしょう、というのがクリシュナムルティの言うところ。

1つのことを細かく、いろいろな方向から考えたり、分析したりして整理していくと、頭の中が片付いている状態が当たり前の状態になり、結果、頭の中が静かになります。そして、頭の中に何もなくなる瞬間が生じてきます。これが『瞑想』。

何もせず、ただその場に静かににて、自分の体を抜けていく風、音、光を感じてみる。今に居る。これも『瞑想』。

こんな風にクリシュナムルティの言うことを理解しています。

また最初から/カラースケッチ解剖学

オステオパシーの解剖学の講座が始まりました。

アイキャッチ画像は「カラースケッチ解剖学 第3版、第4版」

4月下旬にプレ講座があって、そのときに第4版が資料として配布されていたのですが、先生曰く、

「第3版のほうがオススメ」

とのこと。先生が古書で購入されていたものを譲っていただいたのでした。

で、第3版から塗り始めました。

7月8月とちょっとサボっていたのですが、9月からまたちょこちょこ塗り始めて、残り20ページくらいのところで、先日の本講座が開始。

本講座の宿題にこの本の着色が含まれています。

第4版から塗ればよかったな~。

・・・と思いつつ、第3版が終わったら、4版をもう一度塗ろうと思っていたので、第3版の残りはそのまま置いておいて、4版を塗り始めます・・・。

復習復習

『Teachings in the Science of Osteopathy』を気が向いたときに、少しずつ読んでいるのだけれど、エントラップメント神経障害のチャプターで、「嗅球に関して、篩板のロッキングムーブメントを見なさい」と書いてある部分があり、「あーやっぱりそうなんだー!」ととても感動。

篩板の動きと嗅神経。

その他、みんな知ってそうだけど、私だけしらなさそうなこと、「なんでこれするんだろう?」と疑問に思いつつしていたことがあったのだけど、今日解決。
連休は復習に充ててよかった。

自分の無知さに改めて呆れつつ、次の勉強会までに気がついていて良かったーとも思いつつ。
いゃあ、復習は大事です。

そして、Dr.サザランド、ありがとうです。

「予習より復習の方が大事なんだよ」と受験のプロの従弟が教えてくれたことがあったのですが、いまさらながら納得の1日でした。

プレゼンスを感じられる本 J. クリシュナムルティ

「これプレゼンスだよな~!!」

と感じたのは、J.クリシュナムルティの書かれている内容でした。
彼が論じている内容は、彼の一生を通じて変わることなく、特定の信仰や宗教に繋がるものではないので、そういう意味も含めてたくさんの人に勧められるかなと思っています。

J.クリシュナムルティ (wikipedia に飛びます) はインド出身の哲学者(というのだろうか?!)、教育者です(経歴はwikipediaを参考のこと)。

キャンプに参加している受講生の質問に答える形で進む、Q&A方式の著作や哲学的な内容の本も多いのですが、中には日記形式で書かれているものもあり、その日記に綴られる自然描写、風景描写が「プレゼンス」でした。

全ての描写が、「写真を撮る瞬間」「フォーカスが合ってシャッターを押す瞬間」のような感じがします。

Continue reading プレゼンスを感じられる本 J. クリシュナムルティ