なぜ植物療法なのか

植物と同じような穏やかなリズムや波長で毎日を過ごすほうが、心も体も健やかに過ごせるのではないかと、よく考えます。

それは、決して摩訶不思議なコトではなく、ベランダや庭で植物の世話をしているときに植物を見つめたり、おひるごはんの後に15分ほどお昼寝をして、なんだかすっきりした気分になったり、近所の公園でぼーっとしたときに穏やかな気分になることと同じような感じです。
IMGP1006

「ただいる、ただある」「何もしない」
まるで周りの空気に溶け込んでしまうくらい

いろいろな場のいろいろな「自分」

家族から見られている自分、友達と一緒にいるときの自分、職場の同僚から見られている自分、いろいろな場のいろいろな「自分」がいると思います。

そんな「自分」をいったんやめて、素の状態、「ただいる、ある」「何もしない」状態に戻るだけで穏やかになります。首や肩に感じていた痛みがすーっと引いたりもしますし、「きちんと睡眠が取れれば体調不良が戻る!」とおっしゃる方も多いですよね。

どんな場所にいても、自分でこの穏やかな、静かな感覚を思い出して戻ることができればいいのですが、なかなかうまくいかないときがあります。アロマセラピートリートメントやボディワークを使って、その感覚に戻るお手伝いができればよいなと思っています。

「おだやかな静かな感覚」に戻る方法は、人それぞれいろいろあります。アロマセラピートリートメントやボディワークもたくさんの方法のうちの1つです。ご自分に合ったぴったりの方法が見つけられるといいですね。