IMGP3886m

昨日と一昨日来てくれた何か(記録)

毎晩私は、練習がてらなのですがベッドに入った後、セルフで自分の体に施術をします。

いつも大体、変化が起こったか起こらなかったかわかる前に、寝てしまうことが多いのですが。

一昨日と昨晩は、喉のイガイガした痛みも続いていて、

「いつ風邪という名前に変わるのかなぁ?」

という感じでしたので、まずは扁桃腺。それから、胃腸→子宮→第2チャクラと第4チャクラへ。

一昨日も昨晩も、何かに気が付く前にするっと眠ってしまったのですが、身体がものすごく熱くなり、でも心地よい状態になっているところで、目が覚めました。

私の体幹より少し太いくらいの幅で、ものすごく静かでゆっくりとした、ひょっとしたら止まっているのではないかなぁというくらいゆっくりな流れの様な何かが、私の体を通っていました。

まだ暗く、気が付いて時計を見たときは、3時くらい。

しばらくしたら、また、瞼が落ちてきて、次に気が付いたときは6時半過ぎ。

喉のイガイガは全く気にならなくなっていて、頭のごちゃごちゃが無くなっていました。

だいぶ外が明るくなってきていました。

何か名前がついている現象なのかもしれません。記録がてら書いておきます。名前がわかったら追記します。

2017.2.1追記
先輩先生より、「ヘルスがタイドとなって治療をしたのだと思います」と教えていただきました。お名前を出してよいかわからないので、今回は無記名で。

ありがとうございます!^^

——————————————–

ここ1か月ほど、自分がどこに居てよいのかよくわからない、かなり漠然とした不安感を感じ続けていました。

勉強を続けていてよいのかもわからない。施術を続けていてよいのかもわからない。

「でもね、自分は勉強は続けたい。施術は続けたい」

という気持ちだけは強く、確かなのですが。

昨晩は特に、

「私は、この世界のどの層に居たらいいんでしょう」

と(誰かに)問いかけもしました。

これはたぶん、そのお返事なのかも。

そこに居ていいんですね。きっと。

自分が「したい」と思う気持ちも大事にしようと思います。

そもそも、「続けてよいのかわからない」というのが、誰に対しての「許可、承認」なのかもよくわからないのですよね。

Published by

backyard

メディカルハーブ、アロマセラピー、ボディワークをベースに、体を健やかに保つ方法を考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です