darwin-melbourne-258

単細胞生物に戻る@バイオダイナミクス オステオパシー勉強会

昨日はバイオダイナミクスオステオパシーの復習会でした。
 
平日の日中の復習会。クラスメートがいつもたくさん出席しているのは知っていたのですが、私はなかなか参加できず・・・。「仕事納め」の日だったので休暇をもらって参加しました。
 
 

この日のテーマは

” Ocean ” 

 
自分の周りの海を感じる。海の底の家に行って、あけ放たれた窓、ドアを出入りする水の流れを感じる。
 
というもの。

ほんとにOCEAN だった~。
 
私は感覚的な感想になってしまったけれど、私と組んでくださった方は、身体の変化も感じてくださっていました。

それはその方の感想なのでここには書かないけれど、セッション前はあまり体調が良くなかったそうで、セッション中、それを調整するようなことが体の中で起こっていたそうです。

先生方の講評によると・・・セッション中は、部屋がstillness を通り越して、silence という状態だったそうです。
これくらい静かだと、毎回、静かな地方の小都市から出てくるモノとしては、助かる。

街の音も、部屋のエアコンの動く音もほとんどしなくて、自宅近くの夜10時くらいの音の小ささでした。

(田舎は深夜はもっと静かになります)

【私がセッションの受け手のとき】

 
最初に見えたのは、シドニーのマンリービーチ近くの風景かなぁと思いました。ゆらゆらと太陽に照らされた水平線が見えていました。
manly-050604-012
ゆっくりと自分の中心から開いてくるものがあって、体が温かくなりました。1つの柔らかなゼリー状の塊になったような感じになり、海の中をプカプカ。
 
「このくらいシンプルでいたいものだ~」
「でも、ここ、クジラの通り道だし~、食べられてしまうんじゃないの」と思いつつ、あまりに気持ちが良いので、そのままプカプカとしていたところ、あっという間に時間が経過。浮かびあがりました。
 

少し疲れた状態が続いていたのですが、2週間前の解剖学の講座の実習の後から少しずつ復活。

昨日から体全体がぽかぽかして、元気に年を越せそうです。

シドニーの外はタスマン海で、南太平洋。

外洋です。Ocean なんだ。

bondai-280204-022

 

 
【私がセラピスト側のとき】
セッションが始まってすぐ、海底近くまで下りていけたので、ものすごくゆっくり泳いでいたのですが、そのうち浮く時間になり上にあがりました。
 

「そろそろセッション終わっていいですか?」

心の中でつぶやいたところ、

誰かに

「まだまだ、まだまだ、まだまだ」

と言われ・・・。

 
「まだなのか~」
「え~まだなの・・・」
「えっ!!まだ~??」
 
としばらくの間、問いかけが続き、
 

「んじゃ、次に下りるまで待ちますわ~」

腹をくくって待つことにしたところ、下りる時間が来て、もう1回下りました。

 
1回目より深いところに下りて、もっとゆっくりとした速度で泳いでいたのですが、また浮上する時間。
 
浮いたところ、
 
「私、身体についての専門的な勉強をしていないのに、ここに座っていていいのかなぁ?」
 
という、疑問が急に頭をよぎりました。
 
誰かに
「座ってればい~よ」
 

と言われたので、

「んじゃ、座ってますわ~」

と返事。

 
で、その誰かに、
 
「いやぁ、今日は OCEANな日 ですな」
 
と話しかけたところ、
 
オーストラリアの南端のグレートオーシャンロードの風景が浮かび、
 
「なんだ、そのままじゃないですか・・・(オチなし)」
 
と、その風景を見ながらセッションは終了。
 
最初から最後まで単細胞なままの1日でした。
 
昔の画像を探しましたが、マンリービーチの水平線の画像は無かった・・・。
写してなかった。
 
目で見た風景。
 
 グレートオーシャンロードはありました。
お日様がとても明るかったけど。西にいる。午後の日差し。
オゾン層が薄いもんね・・・・。
この画像の左側の先にタスマニアがあり、その先は南極大陸です。

 

世界のはしっこ。

darwin-melbourne-258

Published by

backyard

メディカルハーブ、アロマセラピー、ボディワークをベースに、体を健やかに保つ方法を考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です