kanso-20160209

悩まされていた翌日のもみ返しが全くなかった!(セッションのご感想)

お休みの日には整体によく行かれる方で、施術が終わった後の第一声が、「いつも受けている整体と全然違う~!」というご感想でした。一番の違いを書いてくださいました。

お体の中の特に気になる部分に対して、筋膜を伸ばすリリースを中心に施術させていただいた、モニターセッションのご感想です。

———————————————————-
M.T さま

筋膜リリースには興味を持っていました。

いつも肩がバリバリで整体に通ったりしていたのと、ダイエット情報としても(笑)。

ただ、すごく痛い”悶絶”ともよく聞いていたので、やる勇気はありませんでしたが。

こちらのセッションは痛くないメソッドだとうかがい、思いきってモニターに参加しました。確かに全く痛みは有りません!

ツボに指は深く入って、もみほぐしと同等の満足感はありますが、いつも悩まされていた翌日のもみ返しも全く無かったです。

癒されました。

kanso-20160209

 

 

 

 

 

 

 

———————————————————
お忙しい中ご感想を書いていただきありがとうございました!

お仕事のお休みの週末に受けていただきました。
休みに入ったばかりの土曜日の午前中の施術で、1週間の疲れもたまってらっしゃるご様子でした。

体の浅い部分にある筋膜のリリースと、気にされていた肩、首周辺の膜の拘縮部分への加圧と上腕の筋膜のリリースを行いました。これでリラクゼーションとコリの緩和をまとめて行えたのと、最後の10分ほどですが、頭蓋へのモティリティワークを行いました。

私自身は利用したことがないのですが、エステティックサロンで「筋膜リリース」をするところがあり、そちらのリリースはとても痛くて、「もう受けたくない!」とおっしゃる方のお話を何度かうかがったことがあります。

姿勢を整えることと、筋膜をリリースすることでリンパの流れも良くなることを狙っての施術だと思います。でも、本当に筋膜だけ狙ってリリースをすると、「痛い!」ということはほとんどないです。痛いときはたいてい、その部分の奥にある神経を一緒に押してしまっているのではないかと推測します。

・・・と考えるとちょっと怖いです・・・。怖いのでそんなことはできません・・・。

筋膜だけを狙った施術をするともみ返しはありません。

「痛み」についてですが・・・。

私が押しているのは「ツボ」と言われている場所ではなくて、筋膜が拘縮している部分を押しています(「ツボ」と同じ場所であることもある)。押したときに「痛いかどうか」うかがい、もしそうならば、「痛くない」ような押し方に変えます。

これは、神経を通して、頭に「その部分の痛みや動きの不具合はない」「痛みを感じていない状態の筋肉」の状態を思い出してもらうためです。ですので、必要な箇所にピンポイントで、普段は加圧して「気持ちいい」と思う程度にしか押しません。「痛い」という情報を神経を通して、脳に送らないようにします。「いたぎもちいい」くらいがMAXです。

筋膜が拘縮している部分や膜がくっついてしまっている部分を押すときに、最初何秒か痛いときがありますが、その後は痛みを感じないよう関節を動かしながら調整をしていきます。
「10分以上強く押されて痛くて気持ちが悪い・・・」という状態にはならないはずです。

このお客様は頭蓋へのワークははじめて受けられたとのことでしたが、「起きているのか寝ているのか、しばらく不思議な感じがしていた。頭がすっきりした!」というご感想をいただきました。

土曜日の午前中に「すっきり」されると、午後と日曜日終日、いい感じで過ごせていただけるのではないかな~と思っています。
*ご感想はお客様からご許可をいただいた上で掲載させていただいています。

Published by

backyard

メディカルハーブ、アロマセラピー、ボディワークをベースに、体を健やかに保つ方法を考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です