ローズヒップ/ 月が気になる日に

20141106

片づけたいことがいろいろあり、休暇を取りました。

2週間ぶりくらいに庭に出たところ、今年1輪だけ咲いた

ドッグローズのローズヒップ

がきれいに色づいていました。

(花が咲いたのはえらくドタバタしていた時期で、写真を撮る余裕もなかったような気がします)

サンゴの玉みたいで、かわいいのです。気に入っています。

IMGP3058

 

8月1日に撮ったときは、まだまだ緑でした

IMGP2832

これ1個では、さすがに飲んだり食べたりできないので、先日作ったフルーツポマンダーを飾るときに、一緒につけようかと思います。

花の画像はまたwikipediaからお借りしました。
イヌバラ・Rosa canina・Dogrose
薄いピンクの5弁のバラです。
dogrose from wiki

ローズヒップ

一般的に「ローズヒップ」というとドッグローズの偽果が利用されます。ハーブティに関心がある方ならご存じない方はいらっしゃらないくらいの、ハーブティの材料の定番ですし、種子を圧搾してとる油(ローズヒップオイル)は、「美白・アンチエイジング」オイルです。一度は使ったことがある方も多いと思います。

ビタミンCの含有量がレモンの20倍~40倍とのこと。
美容のために摂られる方が多いハーブです。
しみの予防にも良さそう。

禁忌事項や副作用も特に知られておらず、安全性ハンドブックではクラス1ですので、あまり難しいことは気にしないで使えそうです。

植物酸の含有量が多くて酸っぱい、「ハイビスカス」も一緒にブレンドして、美容&体力回復ハーブティとして販売されているのをよく見かけますよね。

私はお菓子を作るなど、こまめに細やかなことができないので、ミルで細かく砕いたもの(最初から細かく砕いたものも販売されています)を最初お茶として飲んでふやかして、そのあと、ほんの少し蜂蜜を入れて、それをスプーンですくって食べます。

これくらいなら「お仕事女子」でも不器用さんでも、ボチボチ続けられるかなぁ。

満月

「月」の植物/月が気になる日に

いつも参考にしている、世の中の様々なものを惑星や星座にカテゴライズした、『The book of Rulerships』 という本では、カルペパーはこのドッグローズを「月」の植物として分類していたそうです。ですが、カルペパーの著作の『Complete Herbal』 を読むと、ローズヒップ単独で記載されているところが見当たりません。何度も見返したのですが、見つけることができませんでした。

そしてバラ全体で一括りにして「冷」に分類して女性特有の不定愁訴的な体調に対して良いとしているようでした。

「赤いバラ 木星」「ダマスクローズ 金星」「白いバラ 月」とのこと・・・。

薄いピンクは白なのかな?
Googleで画像をサーチすると確かにかなり白っぽいお花も多いです)

にひひ

5弁のバラは古くから女性性の印と言われています。月は西洋占星術では既婚の女性を意味します。小さくて丸いふっくらとした偽果はいろいろな意味で成熟した女性をイメージさせるのか?

昨日はスーパームーンでしたし11月7日は満月。心が落ち着かない、揺れ動く時と言われていますが、みなさんどうでしょう?

お手元に「ローズヒップ」が入ったお茶があったら、ぷっくりした丸い赤い実を思い出しながら、ゆっくり時間を取って飲んでみられるのも良いかもしれませんね。

何かオーバーヒート気味なことがあったら、それを冷やしてくれるかもしれません。

偽果

「ローズヒップ(バラのお尻)」は「バラ科バラ属」の植物のお花が咲いたあとにできる偽果の総称です。すべてのバラにこのような「実」がなるわけではなく、偽果なのかどうかよくわからないものが多いのではないかと思います。

我が家のバラはドッグローズを含めて4種類なため・・・
「Love Roses !」
な栽培家のみなさまのお話をおうかがいしたいです。

手元にはいまのところ、「ハマナス」のローズヒップの画像があります・・・。
こんな感じでぷっくりと、とげとげがない実だと加工して食用にできるようです。

DSCN1766

Published by

backyard

メディカルハーブ、アロマセラピー、ボディワークをベースに、体を健やかに保つ方法を考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です