【冬支度第2弾】喉のイガイガと寒くなって動けなくなる(寒冷ウツ)の前に

エキナセアとセントジョンズワートのことは毎年ずっと書き続けていることです。

「あ、これすごい!」と使っているとすぐにわかる、とても実用的なハーブです。

エキナセアとセントジョーンズワート(ハーブティ)をWEBでポチりました。

今日、近所のお店を何軒か回ったのですが見つからなかったのです。残念。

———————————————-
私が自分の体で「弱いなぁ」と思っているところは喉と頭です。

エキナセア

(画像はウィキぺディアさんからいただきました)

asteraceae_img_7674

 

 

 

 

 

喉は今の季節、空気が乾燥し始めるとイガイガしてきます。そこから変に咳き込んだりすると、「炎症?」という感じになるのか、とたんに喉風邪に突入。

それを防ぎたいので、この時期はエキナセアティをよく飲みます。

エキナセアについてもう少し詳しく書いた前回の記事

 

セントジョンズワート

(画像はウィキペディアさんからいただきました)

1280px-saint_johns_wart_flowers

 

 

 

 

 

▼イワオトギリ(仙丈ケ岳にて撮影)

13873247_10154395246503464_4413836068674652240_n

 

 

 

 

 

 

頭は・・・。(確かに頭は良くないのだけれど)

「トカゲか?(爬虫類か)」と思いたくなるくらい、私は寒くなると動けなくなります。寒くなると何もしたくなくなります。

(こういうのを「寒冷ウツ」と言うのかもですが・・・)

本格的に寒くなる前に、軽度ウツ防止になると言われているセントジョンズワートを飲み、身体が冷えないようになるべく厚着をし、お風呂に入ったら湯船にもちゃんとつかって身体の芯から温めるようにしています。靴下も冬だけは重ねばきしています。

身体を普段から温めておくと、冬も元気に乗り切れます。^^

前回書いた記事は
セント・ジョーンズ・ワート 1/「ワケアリ」のときに

セント・ジョーンズ・ワート 2

ローズゼラニウムが順調に育っています

ローズゼラニウム。

育てるのはとても簡単なのですが、霜が下りる地域ではどうやって越冬させるかが大きな問題・・・。

霜が下りると葉はすっかり枯れてしまうのですが、根は生きていて、4月下旬~5月にかけて暖かくなると芽が出てきます。

ですが、花の時期を逃すため、昨年は花を見ることができませんでした。

昨年末から今年にかけては、鉢を部屋の中に入れることにし、つい最近まで家の中で育てていたところ、4月上旬から少しずつ花が咲き始めました。

だいぶ暖かくなったので先週やっと鉢をまた外にだしました。「八十八夜の別れ霜」がまだ少し怖いところですが・・・。

どうなることやら。

今年の目標は、葉をわしゃわしゃに繁らせて蒸留することなのですが・・・。

IMGP3702

 

マジョラムのハーブウォーターと用途

スィートマジョラムの芳香蒸留水(ハーブウォーター)を作りました

実は以前からフレッシュで採ってみたくて植木鉢で育てているのですが、蒸留できるほど葉が増えず、なかなか試すことができませんでした。今回は結局ドライで。

Origanum_majorana_002

画像はwikipedia さんよりお借りしました。

 

Continue reading マジョラムのハーブウォーターと用途

バニラの実

バニラの実がなっているところをご覧になったことはありますか?

昨日行った筑波実験植物園で、バニラの実も見ました。

「ただの観葉植物」で見過ごしてしまいそうなのですが、これがバニラ。

なーんとなく、オフィスの片隅に置いてありそうな感じです。

vanilla1

vanilla2

 

 

 

 

 

 

 

「さや」をきちんと乾燥させないと「バニラ」特有の香りが出てこないとのことでしたが、鼻を近づけるとかなり香ってきました。「さや」の先っぽが乾燥して黒くなっているからでしょうか。

う~ん。甘くていい香り。お菓子が食べたくなります(笑)。いただいて帰って、お菓子に入れたい感じです。

(いかんいかん・・・)

育ててみたいですが、温室かつとても大きな株でないと実はできなさそうなので、個人では難しいかなぁ。

植物園の方が割れたさやをぶら下げてくれていました。ありがとうございます!

vanilla3

vanilla4

 

 

 

クリスマスローズは毒草だった

かわいい花には毒がある

クリスマスローズの花は今が満開。

我が家の鉢植えです。

mygarden

品種が多く、どれもかわいらしい色合いのものが多いのと、まだまだ寒い時期に咲く貴重なお花なので、ついつい目が行きます。

数年前まで全然知らなかったのですが、このクリスマスローズは「毒草」に入ってしまうのだそう。

Continue reading クリスマスローズは毒草だった