ヤロウの蒸留

今日はヤロウを蒸留しました。

蒸留後、蒸気の冷却器も兼ねたフタを開けたら、かなりうっすらとですがヤロウ特有の香りが漂ってきて感動。私はこれくらいのほのかな香りが好きです。

香りの成分などが落ち着くのを待つため、蒸留後1週間ほどおきますが、もったいなくて使えなくて、そのまま冷蔵庫で保管になりそうな感じもします。

Achillea-millefolium-web3

 

 

 

 

開花時に地上部を使って蒸留するそうなので、今回は葉や茎も混ぜて蒸留しました。我が家のヤロウは、まだまだ花が少なくて、花の部分だけで蒸留するという贅沢なことはできません。来年こそは!

この間のレモンバームは特有のいい香りがしています。

こちらは庭に材料がたくさんあって、何度も作れるので、今回の分はジェルと混ぜて使ったり、ルームスプレーでお守り代わりにしたりしそうです。

飲むときは普通にお茶で飲めばいいかなぁ・・・。
18740815_10155393892223464_57336401558722218_n

6/7 アロマハンドセラピストコース

6月7日に国分寺市のクイーンメリーアロマテラピースクールさまでアロマハンドセラピストコースの講座の講師をしてきました。

毎回同じことを書きますが、やっぱり、

「楽しかった~!」

自分が楽しいときは、大体生徒さんも楽しんでくださっているようで、みなさん笑顔で、「ゆるっ」とした感じで帰っていかれました。

「学校を選んでこちらに来ました!」というご感想もいただきました。

「スクール事務局さまのHPの文章が良かったから来てくださったのだろう」と思いますが、ご期待に添えて、がっかりしないで帰っていただけて、本当に良かったです。

今回は、ボディトリートメントが未経験の方ばかりでしたが、思うところがあって、敢えて、私のわかる範囲内になりますが、解剖学的なことも少し踏まえたお話も少しさせていただきました。

生徒さまの中には、楽器の演奏をなさる方もいらっしゃったようで、(講座終了後にはじめて知りました)講座の中で、いろいろ気がつかれたこともあったようでした。

ハンドセラピストコースはどちらかというと、

「アロマセラピーも含めて、身体についての勉強を始めて間もない方向けの講座」

・・とも思っていましたが、楽器の演奏など、体の特定の部分に負荷がかかる方々には、体の仕組みのことをそれなりに具体的にご説明していくことは必要だよなぁ・・講師の側で、講座について変な線引きを作ってはいけないのかも・・とも思いました。

なので、「初心者向け講座」とは思わず、これからも少し込み入ったことも(私のわかる範囲内でですが・・・)お話していこうと思いますし、もっと自分自身の勉強も必要だと思いました。

行くたびに国分寺の駅のビルの高さが高くなっています。

次に行くときはどのくらいになっているのか?

次回が楽しみです~。

実は東京スカイツリーができるときも、通勤の途中で写真を撮って、少しずつ高くなるのを勝手に見守っていたので・・・こういうのを見るのは好きです。

「片頭痛」と診断されて考えたこと

「『頭痛』なんて、誰もが一度は体験していて、特に珍しくもないことだし~」

と思い、これまで病院に行ったことがなかったのですが、ひょんなことから、先週初めて、大きな病院の外来で診察をしていただいたところ

「片頭痛です。しかもだいぶ大変なほうだと思います」

とお墨付きをいただいてしまいました。

片頭痛の直接の原因は「血管が拡張をして、それが神経に悪さする」ことらしいのですが、

『拡張』→「あ~心当たりあるわ~」

という感じでした。血管が拡張するだけでなくて、「脳が浮腫む」感じなのです。

脳にもリンパ管はあります!(見つかって良かった!)

3月以降、片頭痛の発作がほぼ毎週末起こっていたのですが、職場がなかなかお休みをいただきにくい環境だったこともあり、先生が「診断書」を書いてくださり、やっとお休みすることができました。

幸い、休み始めて4日目くらいに、「頭痛が起こりそう・・(前兆?)」と思われる体の状態でなくなったので、今はだいぶ「これから頭痛が起こりそうという不安」も消えてきました。

薬も処方されたので、今度市販の頭痛薬が効かなさそうな頭痛(長年頭痛持ちだと、痛みがひどくなる前に見分けがつく)だったら飲んでみようと思います。

片頭痛の直接の原因は「血管が拡張する」こと・・なので、普段学んでいたリラクゼーション系の方法が全く効かないのです。

リラクゼーション→「拡張」することなんですよね・・・。

1つだけ「あっ!」と思った方法があって、セルフで何度か試しているのですが、わりと楽になる成功率が高く助かっています。

「片頭痛」の薬が無かった昔も、「片頭痛」は存在したわけで、そのときにきっとこの方法は取られていたんではないかと考えています。

「拡張する方法」をいろいろ試して、何をやってもダメなときはこの方法・・・って感じだったのかなぁとも思います。

私は治療家ではないので、この方法でお客様に施術しませんが・・・。

薬があるのだから、それを使っていいのではないかと思います(私も使います)。

『なんで血管が拡張するのか?』

自分の体験だけでも、「気圧」や「ホルモン」その他いろいろ考えられます。

そんなこんなで、先月末から、自律神経系のこともまたちょこちょこ復習し始めました。

人の体って面白いな。

ヤロウとレモンバームのティンクチャー

ヤロウとレモンバームのティンクチャーを作り始めました。

このヤロウを植木鉢に植えてもう、もう4年。

▼四年前の姿

64490_10151563872163464_655187682_n

 

 

 

 

 

地植えしていないせいか、葉もさほど繁らず、花もあまり咲かず、ティンクチャーにするほどの量が取れなかったのですが、今年はやっとたくさん花が咲きました。草丈もいつもより長いです。

▼画像よりももうちょっと花がついています

yarrow-garden

 

 

 

 

 

 

 

霜が降りない場所に植木鉢を置いたからなのか?

冬場、意識して管理をしていなかったので、理由はさっぱりわかりません。

ヤロウはアブラムシがつかないので大好きです。

ちょこちょこ小さな虫は付いていますが、お水で洗ったら取れるので許容範囲内というところ。

ひょんなことから、今年は庭にレモンバームも増えました。

というわけで、こちらもティンクチャーに。

ヤロウもレモンバームも腸管神経系にいいかな・・と思っています。

(少なくとも私のお腹には良い感じ)

レモンバーム

 

 

 

 

 

レモンバームは何もお世話をしなくてもどんどん増えるので、ワシワシ使えていいですね。

ダブルフラワーカモミールにヤロウ、レモンバーム、ペパーミント、、、。うちの庭のハーブは「腸管神経系」狙いハーブが増えてきました。

6/7 アロマハンドセラピストコースの講師をします。

6月7日(水)東京都国分寺市のクィーンメリーアロマテラピースクールさまで、アロマハンドセラピストコースの講師をします。

このコースはAEAJアロマ環境協会の「アロマハンドセラピスト」の資格が取得できます。

手、手首~肘にかけての部分を精油と植物油を使ったトリートメントを学ぶ講座ですが、「腕」ができたら「脚」もすぐできます。

体の一部分だけピックアップして先に勉強すると、その後にボディ全部のトリートメントをする「アロマセラピスト」の資格の勉強をするときに、勉強がしやすいように思います。

また、「アロマセラピスト」のコースを一通り受講して初めて、「私はセラピストに向いていない!」と気がつかれる方も結構いらっしゃいます。

ハンドトリートメントの勉強をしてみて、その上で「アロマセラピスト」の資格を取ろうかどうしようか考えてみられるのもいいのかな~と思います。

もちろん、ご家族、お友達へ「何かしてあげたい」というきっかけに学ばれるのにもいいコースです。ハンドトリートメントは、「最近なぜかちょっと話しづらいわ~」というお子さま、パートナーさんと、トリートメントを通じてお話するきっかけにもなるようですよ(参加された方からのご感想)。

↓詳しくはこちらをどうぞ!

http://www.queenmaryoil.com/hand-therapist/