私のエゴ@ACIM勉強会(覚え)

日曜日。午前中は月1の『ACIM a course in miracles』の勉強会の日でした。

ここ1か月、勉強会のお仲間は、選挙終了後~大騒ぎになっている某国の大統領のお話や、あちこちで続くテロの話、マスコミで伝えられていないあれこれのこと、その他もろもろのことを、自分で調べていたそうです。

その話から、

「いやぁ『救済』ってなんだろうねぇ。待ってられないよね・・・」

という話になりました。

世界のあちこちに「生きるか死ぬか」の境目に居る人たちがたくさんいて、

そんな人たちに、

「『赦し』とか『救済』とか、言ってもねぇ・・・(無力)」

と・・・ざっくり、そんな感じのお話をしていました。

『沈黙(遠藤周作)』のテーマは、「なぜ神が人間の内面的不正について黙っているのか」なのだけれど、結局、それと似たような話になってしまいました。

★★★

この世界の中で、何かに気がついた人たちは、こちら側に進んでくるし、何にも気がつかない人もいる・・・・ように一見、見える。

「気がついた人と何にも気がつかない人とのギャップを埋めるにはどうしたらいいんだろう・・・救済ってギャップを埋めること?」

きっとそのヒントはACIMのどこかに書かれているはずなのだけれど・・・。

ということで、それを探すために本をもう1度読み直すのが来月までの宿題になりました。

★★★

昨日、今日、ch.31を読み直していたのだけれど・・・。

「これ、私のエゴになっちゃうんだよな~」

「ギャップ」がそもそも存在しないんだよな~。みんな同じ場所にいる。そして同じように進んでいる。

ただ、それだけのことなのよね。

救済はシンプル。謙虚であれ。静けさの中で。

その中で進む「赦し」「癒し」「救済」を待つしかないのかな、やっぱり・・・。

時が来れば、さくさくと進むこともあれば、ゆーっくり進むこともあるってことなのかなぁ?

「自分のエゴがない状態であれば、変化はスムーズに進むし、そうでないとき、変化は起こらない」
ということは日常生活の中でよく思うのだけれど。やはりそれを待つしかないのか?
もう少し読んでみよう。
★★★★★

午後はセッション。

ここしらばらくお忙しかったようなのだけれど、セッションを上手く気分転換に使っていただけたようで良かったです。

さてさて、、今週は解剖学の宿題をしなくては・・・。^^;

3/28 アロマハンドセラピストコースの講師をします

3/28(火)に国分寺のクイーンメリーアロマテラピースクールさまで、アロマハンドセラピストコースの講師をします。

↓コースの詳細はこちらをどうぞ。
http://www.queenmaryoil.com/hand-therapist.html

手と前腕・・・体の1部分だけのトリートメントの勉強なのですが、足、脚になど体の他の部分にも応用ができます。

自分の周りの人、ご家族、お友達に「何かしてあげたいな~」と思っている方には、ちょうどいいのではないかな。

もちろんセルフケアにも使えます。

対話をせずにリラックスできるところが良いと思った(お客様のご感想)

モニター様からメールでご感想をいただきました。

臨床心理士を目指して勉強されている学生さんのご感想です。
コピペにて転記します。

後背部のコリなどが気になる・・・というお話だったので、腰部臀部中心に軽く加圧してリリースをした後、骨盤と頭蓋に軽く触れて、お体全体のリラクゼーションが促進するような施術を行いました。

「マインドフルネス瞑想と似た感じがする」
「対話をせずにリラックスできるところが良いと思った」

という感想をうかがえて、「おっし!」とガッツポーズを作ってしまいました。

経験されている方はおわかりになるかと思いますが、疲労がたまってハイテンションになったり、頭がごちゃごちゃしたりすると、体がなかなか静まらず、夜も眠れなかったり、静かになるために瞑想をしようとしても、瞑想状態に入れなかったりすることがあります。

頭がいろいろなことでいっぱいになっているのだけれど、誰かに「相談」するのが難しいとき、人にいろいろ話すのが億劫で面倒だなぁと思うとき・・・。

そんなときに受けていただきたい施術です。頭の中に空間ができます。

————————————————————————————–

~~感想~~

・開始後しばらくして、足のまわりがずっと触られているような感覚(濡れた服が肌にまとわりついているようなかんじ)があった。

・その後足の指のあたりがホロホロと崩れるような感覚があった。

・上半身についても、肩回りに濡れた布が張り付くような感覚があった。

・その後、頭まわりに、足指の感覚と同じホロホロが起こり、眠ってしまった。

・頭がホロホロした状態については、マインドフルネス瞑想をするときに感じる感覚と少し似ていた。違いは、本セラピーには外側からくるようなかんじがあり、マインドフルネス瞑想は内側からくるような感覚であること。

・最初は、どんなセラピーなのだろうとドキドキしていた。ドキドキしたほうが良かったのか最初にどういう仕組みであるのか説明を受けた方が効果があるのかはよくわからない。(私は理屈っぽいので、どうしてか知りたくなった。)

・全体をとおして、リラックスできた。このようなセラピーを受けるのは初めてだったが、落合さんはとても上手な方だと感じた。

・対話をせずにリラックスできるところが良いと思った。

このセラピーで習得したリラクセーションを緊張場面で使用することにより、緊張状態が抑止ができるのではないか(エクスポージャーにおける活用)

バイオダイナミクスオステオパシーのセッションを受けに行った@先輩先生のところ

昨日は横浜、関内stの凄腕魔女先輩先生のところに、バイオダイナミクスオステオパシーのセッションを受けに行ってきました。

体がすっかり参っていたので、勉強しに行くというよりも、普通のクライアントでした。

自分がセッションを受ける立場のときは、ほとんど眠ったことはなかったのですが、セッション中、すっかり眠ってしまいました。

あまり覚えていないのですが、いつの間にやら体のあちこちがリリースされていました。

なので、詳しい話はできません。
(˵ ˃̶̀ε ˂̶́ ˵)

大きな筋肉だけでなく、眼精疲労の元になっていた、小さな筋肉が上手くリリースされて、昨晩から今日にかけて、体の中、頭の中に新鮮な酸素がたくさん入ってきた感じがしています。

勉強のつもりで行ったわけでは全くなかったのですが、今後の勉強の相談もできて、結果的に勉強になり、、、とても助かりました。
一粒で二度美味しい感じ。

ありがとうございます。♡︎(°´ ˘ `°)/

————-

ここ数日いろいろあって、急に頭の中空間が広がったせいもあり、読書が進む進む!

一時期、字面だけを追うような感じになり、読むのをやめていた本をザザッと読みして、大事なところをマーキングして、、、と、おとといから今日にかけて4冊片付いて、満足しています。

まだ5冊残っているのだけど、この分だとなんとかなりそうな気がしてきました。

——–

陽が当たる枝の先だけ、木蓮の花?が付いていました。
寒いけれど、少しずつ春の空気に変わっています。

昨日と一昨日来てくれた何か(記録)

毎晩私は、練習がてらなのですがベッドに入った後、セルフで自分の体に施術をします。

いつも大体、変化が起こったか起こらなかったかわかる前に、寝てしまうことが多いのですが。

一昨日と昨晩は、喉のイガイガした痛みも続いていて、

「いつ風邪という名前に変わるのかなぁ?」

という感じでしたので、まずは扁桃腺。それから、胃腸→子宮→第2チャクラと第4チャクラへ。

一昨日も昨晩も、何かに気が付く前にするっと眠ってしまったのですが、身体がものすごく熱くなり、でも心地よい状態になっているところで、目が覚めました。

私の体幹より少し太いくらいの幅で、ものすごく静かでゆっくりとした、ひょっとしたら止まっているのではないかなぁというくらいゆっくりな流れの様な何かが、私の体を通っていました。

まだ暗く、気が付いて時計を見たときは、3時くらい。

しばらくしたら、また、瞼が落ちてきて、次に気が付いたときは6時半過ぎ。

喉のイガイガは全く気にならなくなっていて、頭のごちゃごちゃが無くなっていました。

だいぶ外が明るくなってきていました。

何か名前がついている現象なのかもしれません。記録がてら書いておきます。名前がわかったら追記します。

2017.2.1追記
先輩先生より、「ヘルスがタイドとなって治療をしたのだと思います」と教えていただきました。お名前を出してよいかわからないので、今回は無記名で。

ありがとうございます!^^

——————————————–

ここ1か月ほど、自分がどこに居てよいのかよくわからない、かなり漠然とした不安感を感じ続けていました。

勉強を続けていてよいのかもわからない。施術を続けていてよいのかもわからない。

「でもね、自分は勉強は続けたい。施術は続けたい」

という気持ちだけは強く、確かなのですが。

昨晩は特に、

「私は、この世界のどの層に居たらいいんでしょう」

と(誰かに)問いかけもしました。

これはたぶん、そのお返事なのかも。

そこに居ていいんですね。きっと。

自分が「したい」と思う気持ちも大事にしようと思います。

そもそも、「続けてよいのかわからない」というのが、誰に対しての「許可、承認」なのかもよくわからないのですよね。